フルート科 杜の都信用金庫「県民ロビーコンサート」出演の報告

 8月23日、宮城県庁1階において、「県民ロビーコンサート」が行われました。仙台ミュージックスクールフルート科の生徒5人と、フルート科講師の冨樫真由美、ピアノ科講師の石田仁美によるアンサンブル演奏を発表しました。
 映画「アラジン」の「ホール・ニュー・ワールド」や「きらきら星変奏曲」など、どこかで聴いたことがあるようなクラシック音楽や映画音楽を中心に6曲を披露し、心を込めて日頃の練習の成果を発表しました。



 今回のアンサンブルでは、まずは自分たちが心から演奏を楽しむこと、そしてその楽しさが聴いてくださる皆さんにも伝わるような演奏を目指し、練習に取り組んできました。







 

 当日は、約350人もの観衆の皆さんにお越しいただき、大きな拍手と「ブラボー!」の掛け声までいただきました。演奏することの喜びと達成感に満ちた発表となりました。



※当日の演奏の様子は、8月24日付の河北新報15ページに掲載されました。

2017年9月4日